top of page

筋トレで筋分解する条件とは〜2024年最新〜




皆さんこんにちは! 皆さん筋トレを頑張っていると思いますが、筋肉を増やしたくて行っている人がほとんどかと思います。


理想の体型に近づくには筋トレを栄養管理が必要ですね。

しかし、筋トレである条件を満たしてしまうと、逆に筋分解が進んでしまうというのが明らかになったのです。


今回は2024年の最新研究を用いながらそれらを解説していこうと思います! 意外とやっている人がいるかもしれませんので、最後まで読んでみてください!!



筋トレで筋分解が起こる条件とは


2024年に筋トレ後の筋肥大と筋萎縮の関係性について調査が行われました。

21名の筋トレ初心者を対象に10週間の追跡調査が行われたのです。



調査が行われた部位は上腕と大腿部であり、筋トレを行う17筋肉と、筋トレを行わない13の筋肉に分けて筋肉の体積を分析し、尚且つカロリー摂取量やタンパク質量でどのように変化するのかという調査が行われました。



結果は、筋トレでその日鍛えた筋肉はもちろん大きくなり、肥大率は+2.2%~+17.7%と個人差はありますが確実に大きくなるという事が示されました。



そして、鍛えなかった筋肉はわずかに減少するという事がわかりました。

しかし、タンパク質の摂取量を増やすことによって、この減少率はほぼなくなるそうです!



面白いですね。タンパク質の摂取は鍛えていない筋肉にも作用するということです。



カロリー摂取量でも同じ事が言えるようで、低カロリー摂取グループは平均-1.7%、最大-5.6%も筋肉量が減少していたようです。



高カロリー摂取群は筋肉の減少はあまり起こらず、摂取カロリーが消費カロリーを下回ると確実に鍛えなかった筋肉が減少するようなのです。



ということは、ダイエット中や減量中の方はトレーニングを分割法で行うのではなく、全身法で行う事が重要だということが分かりますね!



そもそもダイエットは全身を鍛えたほうが脂肪燃焼効果が期待できるので、全身を満遍なく鍛え、脂肪は燃焼させて筋肉は残すという意識で頑張ってみましょう!!




【参考文献】

Kim Van Vossel, et al. Evidence for simultaneous muscle atrophy and hypertrophy in response to resistance training in humans. Med Sci Sports Exerc. 2024 May 1.



当店のダイエットプログラムについて



体組成計を使い、筋肉量・脂肪量・内臓脂肪量・水分量・代謝量を正確に計測いたします!

正確なデータから独自の計算方法でダイエット成功に必要な栄養を提案させていただきます!

脈拍を測定しながら運動の負荷設定を決めていきます!



医療系資格保有パーソナルトレーナーが最新科学の知見や経験から

運動×食事×体温管理についてアドバイスさせていただきます!




一人ひとりに寄り添ったダイエットプログラムでダイエット成功へサポートさせていただきます!


運動初心者だけどダイエットしたい

どうすれば健康的にダイエットできる?

リバウンドしないためにはどうしたら良い?

過度な食事制限をしたくない、、、

大きい怪我をしたことがありダイエットできるか不安

定期的に運動したい!ボディメイクしたい!



このような悩みがある方は当店をご利用ください!



お申し込みはWeb、公式LINE、インスタグラムDMより可能です!



【理学療法士が経営するダイエット特化型パーソナルジムR.Physio lab】

地下鉄中の島から徒歩3分です!

札幌市豊平区中の島1条3丁目2-15テナント101

TEL: 011-876-0756

Comments


bottom of page