top of page

日本人は自分に必要な栄養摂取量を把握していない



札幌市豊平区中の島エリアでダイエット&メディカルパーソナルジムR.Physio labを運営している高橋です!

医療系国家資格保有パーソナルトレーナーがお伝えするダイエット講座です!


皆さんは自分の摂取するべき栄養の量を把握していますか?

ダイエット、筋肥大、運動パフォーマンスアップと何においても「栄養」というのが非常に重要になります


ある研究によると日本人は栄養素の摂取不足や摂取過剰が非常に多いようなのです

32都道府県に住む1~79歳の日本人4450人を対象に28種類の栄養素について習慣的摂取を算出したのです



その結果、ほとんどの栄養素において習慣的摂取量が推定平均必要量(ある集団に属する50%の人が必要量を満たす)を下回る人が一定割合いることが明らかになったのです



特にカルシウムの摂取量が下回っている割合は、すべての性別や年齢で高く(29~88%)、鉄の摂取量は12~64歳の女性で不足している事がわかりました。

カルシウムは骨や歯の構成要素ですし、筋肉や神経の活動に重要になります

鉄に関しては酸素の供給などに関わるので、女性に貧血が多い要因の一つになるのではないでしょうか



またタンパク質や食物繊維、カリウムの摂取量が目標量(生活習慣病の発症予防を目的として、現代の日本人が目標とすべき摂取量)を下回っている人が一定数いることも分かりました



筋トレをしてもタンパク質が不足していたら筋肉は分解に進みますし、食物繊維が不足していると腸内環境に悪影響を及ぼすので栄養素の吸収率がすごく落ちますし、余分に栄養を吸収することにもつながります



カリウムは塩分を体外に排出してくれる役割があるので、不足すると浮腫みやすくなると考えられます



そして逆に脂質、飽和脂肪酸(バターや動物性の脂で身体に溜まりやすい)、塩分の摂取量はどの年代においても過剰な摂取になっているようです



私は結構食事気にしているから大丈夫という人でも全然脂質オーバーしていますよという人はかなり多い印象です

そうなると中々ダイエット成功にもつながりませんよね



とにかく日本人は栄養素の摂取量が間違っていますよ!

私はどうなんだろいう?と思った人は是非当店に来て学んでください!



【参考文献】

Usual Nutrient Intake Distribution and Prevalence of Nutrient Intake Inadequacy among Japanese Children and Adults: A Nationwide Study Based on 8-day Dietary Records.2023. Dec.




当店のダイエットプログラムについて



体組成計を使い、筋肉量・脂肪量・内臓脂肪量・水分量・代謝量を正確に計測いたします!

正確なデータから独自の計算方法でダイエット成功に必要な栄養を提案させていただきます!

脈拍を測定しながら運動の負荷設定を決めていきます!



医療系資格保有パーソナルトレーナーが最新科学の知見や経験から

運動×食事×衣類についてアドバイスさせていただきます!




一人ひとりに寄り添ったダイエットプログラムでダイエット成功へサポートさせていただきます!


運動初心者だけどダイエットしたい

どうすれば健康的にダイエットできる?

リバウンドしないためにはどうしたら良い?

過度な食事制限をしたくない、、、

大きい怪我をしたことがありダイエットできるか不安

定期的に運動したい!ボディメイクしたい!



このような悩みがある方は当店をご利用ください!



お申し込みはWeb、公式LINE、インスタグラムDMより可能です!



【理学療法士が経営するダイエット特化型パーソナルジムR.Physio lab】

地下鉄中の島から徒歩3分です!

札幌市豊平区中の島1条3丁目2-15テナント101

TEL: 011-375-0593


Comments


bottom of page