top of page

朝食を食べないと筋トレの総負荷量が落ちる



医療系国家資格保有パーソナルトレーナーがお伝えするダイエット講座です!


皆さん朝食は毎日食べているでしょうか? 私がこれまでお客様のダイエットに携わってきて感じることは、朝食に対しての意識が疎かになってしまっているということです


そこを数ヶ月かけて修正はかけていくのですが、とにかく朝食より夕食に重きを置いている人がたくさんいる印象があります



令和元年の厚生労働省の調査を見ても、20~40代の人の2割以上が朝食を食べない、もしくは朝食がお菓子や果物のみという結果になっています


その他調理済みのものを食べる人も多く、約4割の人が家庭食(自炊など)ではない方法で食事を摂るもしくは摂らないということなのです



今回は朝食の重要性を再確認できるような情報をお伝えしていこうと思います!



ある研究で朝食の摂取と筋トレの関係性について調査されました

20代の男性16人が体重1kgあたり1~4gの炭水化物を含む朝食を摂取する群と、毎回の朝食が水のみの群にランダムに分けられました



そして朝食摂取2時間後に高強度のスクワットやベンチプレスを行ってもらうという内容です



結果としては、水のみの群はトレーニングの反復回数が有意に減少したということでした

スクワットに関しては朝食摂取群より15%も反復回数が少なく、4セットで10回相当の減少ということです



10回というとおおよそですが1セット分少ないイメージです

朝食を抜くだけで1セット分のトレーニング失われる可能性があるということなのです



ベンチプレスは4セットで3回の反復回数減少に相当するということです

3回なら良いと思うかもしれませんが、50kgで3回だと150kg分の負荷量が失われることになるので非常に勿体無いです



この研究は朝食摂取後2時間でトレーニングを行ったというものなので、例えば仕事終わりにトレーニングを行う方は、夕方の炭水化物摂取にフォーカスした方が良いということです



ジムまでの移動中にしっかりと炭水化物を補給することで総負荷量を保てるということなので、お腹が空いていないとか時間がないということではなく「必ず摂取する」という意識を持ちましょう!





【参考文献】

Mohamed Nashrudin Bin Naharudin et al."Breakfast Omission Reduces Subsequent Resistance Exercise Performance" J Strength Cond Res. 2019 Jul.






当店のダイエットプログラムについて



体組成計を使い、筋肉量・脂肪量・内臓脂肪量・水分量・代謝量を正確に計測いたします!

正確なデータから独自の計算方法でダイエット成功に必要な栄養を提案させていただきます!

脈拍を測定しながら運動の負荷設定を決めていきます!



医療系資格保有パーソナルトレーナーが最新科学の知見や経験から

運動×食事×衣類についてアドバイスさせていただきます!




一人ひとりに寄り添ったダイエットプログラムでダイエット成功へサポートさせていただきます!


運動初心者だけどダイエットしたい

どうすれば健康的にダイエットできる?

リバウンドしないためにはどうしたら良い?

過度な食事制限をしたくない、、、

大きい怪我をしたことがありダイエットできるか不安

定期的に運動したい!ボディメイクしたい!



このような悩みがある方は当店をご利用ください!



お申し込みはWeb、公式LINE、インスタグラムDMより可能です!



【理学療法士が経営するダイエット特化型パーソナルジムR.Physio lab】

地下鉄中の島から徒歩3分です!今ならカウンセリング&体組成測定が無料で受けられます!



●札幌市豊平区中の島1条3丁目2-15テナント101●

TEL: 011-375-0593












Comments


bottom of page